Fitbit API を Androidアプリから叩いてみた 取得編

今度は実際にログインしたユーザーの情報を取得してみます。

最初にアプリ登録時に発行された

①コンシューマーキー
②コンシューマーシークレット

認証後に受け取った

③アクセストークン
④アクセストークンシークレット

この認証の情報を使ってログインしたユーザーの情報を取得します


//おまじないなので認証時の使い回しでよし
                FitbitAPIEntityCache entityCache = new FitbitApiEntityCacheMapImpl();
                FitbitApiCredentialsCache credentialsCache = new FitbitApiCredentialsCacheMapImpl();
                FitbitApiSubscriptionStorage subscriptionStore = new                FitbitApiSubscriptionStorageInMemoryImpl();
                FitbitApiClientAgent apiClientAgent = new FitbitApiClientAgent(
                        apiBaseUrl, webBaseUrl, credentialsCache);

//二つぶち込む
    FitbitAPIClientService<FitbitApiClientAgent> apiClientService = new FitbitAPIClientService<FitbitApiClientAgent>(
                        apiClientAgent, "コンシューマーキー", "コンシューマーシークレット",
                        credentialsCache, entityCache, subscriptionStore);

                APIResourceCredentials resourceCredentials = new APIResourceCredentials(
                        "-", "アクセストークン", "アクセストークンシークレット");

                apiClientService.saveResourceCredentials(user,
                        resourceCredentials);

                FitbitApiClientAgent agent = apiClientService.getClient();

                LocalUserDetail user = new LocalUserDetail("-");

//ログイン済みユーザーの情報を取得
                try {

//情報を取得する日の日付を指定
                    LocalDate date = FitbitApiService.getValidLocalDateOrNull("2013-01-01");

                    Activities activities = agent.getActivities(user,
                    FitbitUser.CURRENT_AUTHORIZED_USER, date);

//歩数を取得
                    int steps = activitiesSummary.getSteps();

                } catch (FitbitAPIException e) {
                }


こんな感じで特定のユーザーの特定の日の値を取得できます。

どんな情報が取得できるかは Fitbit API のページを
読んで調べてみてね。

あとコール数は制限があるのできをつけてね!

About the author