Kii CloudでさくっとWebアプリを作ろう。 ログイン編

Kii Cloudでサインアップが完了したら実際に認証を行ったアカウントで
ログインしてみましょう。

ソース的にはこちらも前回とほとんど差がありません。

content-type:application/jsonになっているようにこちらは
jsonで値が返って来ますので素直にjson_decodeで
errorCode等を拾った方が分かりやすそうです。


		//送信するデータをJsonにする
		$hash = array(
				"username" => $_POST["name"], 
				"password" => $_POST["pass"]
		);

		//POSTするデータを設定
		$param = json_encode($hash);

		//今回はHeaderのみでURLにAPPKEYは不要みたい
		$url = "https://api-jp.kii.com/api/oauth2/token";

		//セッションの初期化
		$ch = curl_init();

		//リクエストを送るURL
		curl_setopt( $ch, CURLOPT_URL, $url );

		//ヘッダーの出力無し
		curl_setopt( $ch, CURLOPT_HEADER, 0 );

		//APPKEYとかぶち込む
		curl_setopt($ch, CURLOPT_HTTPHEADER, array(
			'content-type:application/json',
			'x-kii-appid: {APPID}',
			'x-kii-appkey: {APPKEY}'
		    ));

		//POSTするデータ
		curl_setopt( $ch, CURLOPT_POSTFIELDS, $param );

		//結果を変数で受け取る
		curl_setopt( $ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, 1 );

		//リクエスト送信
		$res = curl_exec( $ch );

		//とりあえず結果を見てみる
 		echo $res;

		//セッションを終了
		curl_close( $ch );

About the author