Kii CloudでさくっとWebアプリを作ろう。 サインアップ編

前回 Android(java)でCloudを利用したアプリ作成を行ったけど
ブラウザからもデータを閲覧出来るようにしたい!と思って
Kii CloudのREST APIを使ってみることにした。

基本的には使い方はほとんど同じでサインアップなんかも
さくっとやってくれる。

レンタルサーバーのPHPでもlibcurlが動けば使えてしまうのでとても楽。

サインアップは以下のとおり


		//アカウント作成に必要な送信するデータを連想配列にする
		$hash = array(
				"emailAddress" => $_POST["emailAddress"], 
				"loginName" => $_POST["loginName"], 
				"password" => $_POST["password"], 
				"country" => "JP");

		//連想配列をJsonにしてPOSTするデータを設定
		$param = json_encode($hash);

		//{APPID}は各々自分のAPPIDを入力
		//日本語リファレンスでも https://api.kii.com となっているけど
		//日本のサーバー(https://api-jp.kii.com)にアクセスしないと404エラーが出るおそれがあるので注意

		$url = "https://api-jp.kii.com/api/apps/{APPID}/users";

		//セッションの初期化
		$ch = curl_init();

		//リクエストを送るURL
		curl_setopt( $ch, CURLOPT_URL, $url );

		//ヘッダーを出力 ここを0にしておけばJson形式で返ってくるので処理しよう。
		curl_setopt( $ch, CURLOPT_HEADER, 1 );

		//APPKEYとかぶち込む
		curl_setopt($ch, CURLOPT_HTTPHEADER, array(
			'content-type:application/vnd.kii.RegistrationRequest+json',
			'x-kii-appid: {APPID}',
			'x-kii-appkey: {APPKEY}'
		    ));

		//POSTするデータ
		curl_setopt( $ch, CURLOPT_POSTFIELDS, $param );

		//結果を変数で受け取る
		curl_setopt( $ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, 1 );

		//リクエスト送信
		$res = curl_exec( $ch );

		//とりあえずヘッダー表示
		echo $res;

		//セッションを終了
		curl_close( $ch );

あとは返って来たヘッダーを見て201 Createとあれば正常にサインアップされているはず。

About the author

One thought on “Kii CloudでさくっとWebアプリを作ろう。 サインアップ編”

Comments are closed.