HTC Sensation & Evo3D & Flyer S-OFFツール 「Revolutionary」 & root化

HTC Sensation & Evo3D & Flyer S-OFFツール 「Revolutionary」 & root化

いままでHTC Sensationや Evo 3Dといった新機種は
S-OFFの手段が確立されておらず一部の機種がXTC Clipを用いてのみ可能でした。
しかしついに AlpharevXとUnrevokedの力でタブレットのFlyerやDesireSまでも
S-OFF可能なツールが誕生しました。

  • Revolutionaryを使用したRoot化までのXDA内の記事
  •  http://bit.ly/r0cxW3

  • Revorutionaryの公式ページ
  •  http://revolutionary.io/
    以下Sensation Rooted環境で動作確認済み
     フォント変更
     drocap2
     clocksync
     RootExplorer
     Market Enabler
     RomManager(ただしROM焼きは未確認)
     Titanium Backup
    *developer previewとなっており一応非推奨。
      怖いよーっていう自分みたいな人は何かあっても直せる保証もないので
      まだ待った方がいいかもしれません。あともちろん自己責任で☆(ゝω・)v

    以下windows PCにて
    ダウンロード時にシリアルを聞かれるのでブラウザはそのまま。
    中身はDLLとexeが入ってるので例のごとくADBが通る状態で
    exeを叩くだけ。
    そうするとコマンドプロンプトにあなたのシリアルが表示されるので
    ブラウザに入力するとBeta keyが出るので今度はプロンプトに入力。
    その後Fastboot画面になりFastbootの再起動を数回根気よく待つと
    あらカンタンS-OFF先生の出来上がり。
    IMG_20110730_085444.jpg
    んでここまで終わるとコマンドプロンプトの最後に
    ClockworkModも入れるか聞かれるのでYを押してEnter押すと
    ダウンロードしてリカバリ領域にCWMもぶち込まれるよ。
    IMG_20110730_091344.jpg
    さてここまで来ればあとはroot化は簡単。
    上記のXDAの記事内からsu-2.3.6.x-efgh-signed.zipをダウンロードして
    リカバリから焼いてあげるだけです。
    root取った後はrootexplorerが使えたのでフォント変更を行いました。
    CAP201107301233.png
    最後にtitanium backupを動作させるのに必要なbusyboxをインストールします。
    こいつはマーケットからbusybox installerで入れるだけ。
    もしBusyboxを入れてもtitaniumbackup起動時にrootがないと言われたときは
    temp-rootの時にbusyboxを入れてるとそれが悪さしてる可能性があります。
    以下XDAより。以下の手順を試してみてください。
    Titanium Backup not working

    The likely Cause of this could there are some files left behind from your temp root. You need to delete the files in /data/bin/ you can do this by
    Download Terminal Emulator from the market
    open terminal emulator and type:
    su
    rm -r /data/bin/*
    or if you are familiar with using adb: (you can use the adb exe supplied by revolutionary in his tools pack)
    adb shell su
    adb shell rm -r /data/bin/*
    Then reboot into recovery and reapply the su-2.3.6.3-efgh-signed.zip installation. Another User posted this fix as it worked for them

    About the author